事故対応について

自動車保険

自動車保険の事故対応について

ソニー損保の自動車保険の事故対応の特長として、書類を極力省略しているという事があります。これによって、より迅速な支払い、事故の解決を行うことが出来ます。物損事故を起こしてしまった場合は、保険金請求書の提出が不要となります。また、物損事故において契約者と相手方の双方が希望した場合には、示談書を省略した上で保険金の支払いを行っています。 なお、双方の合意内容の控えについては契約者に送ります。物損事故以外の事故に関しても、交通事故証明書の取り付けが必要な場合でもソニー損保が証明書の取り付けを行います。その習得に掛かる費用に関してもソニー損保負担で対応しています。 事故解決後にはアンケートを実施し、常にサービスの改善を心掛けています。

チューリッヒの事故対応の特長は、万が一に備え保障も万全の自動車保険です。交通事故時のサポートセンターの対応は、まずはドライバーの身の安全を心配してくれます。事故の状態によって、レッカー車の手配をしてくれます。24時間対応でいつでもスピーディーな対応です。保険のオプションに加入する事で、車内に鍵を残して車を閉めて鍵を開けられない時や、高速道路でオイル切れなどの車のトラブルにも対処してくれます。交通事故の補償も、対人対物は無制限で保障され、車内同乗者の保障も万全です。事故の加害者になった時にも、相手側との交渉は全部任せて置く事が出来るので安心です。外資系の自動車保険なので、月々の支払いも安くお得に加入できます。

イーデザイン損保の自動車保険における事故対応の特長としては、24時間365日いつでも受け付けているということがあります。 全国約5000箇所のサービス拠点から対応に駆けつけ、スピーディーな対応を実施しています。また、1事故1担当者制を採用しているので、受付から事故解決までを一人の担当者が対応にあたっています。事故対応の流れから保険金の請求方法、最新の事故対応状況などについて丁寧な説明を心掛けています。 電話での説明はもちろんのこと、メールでの状況報告にも対応しています。 イーデザイン損保の自動車保険には、すべての契約にロードサービスが吹いています。 いつでも何回でも無料で利用することが出来ます。また、利用後も保険等級には影響がありませんので、安心です。

東京海上日動火災保険は日本の大手損害保険会社グループの一角として広く名前が知られています。その前身の東京海上火災保険は三菱財閥系の損害保険会社として近年の損保の大合併以前まで長年にわたり業界最大手として業界をリードしてきたことでも知られています。主力商品の自動車保険は他の大手損害保険会社と同じく全国多数の代理店を通じて販売をしており、近年の通販型の自動車保険会社に対して代理店型とも呼ばれています。事故対応の特長としては、全国に多数の代理店や提携工場があることから速やかできめ細かい対応がなされています。また、大手だけあって田の損害保険会社と比べて社員教育もしっかりしており、業界内でも一目置かれている会社であるといえます。